英検S-CBT対策

英検S-CBTとは?

従来型の英検とは違い、PCを使用してスピーキング・リスニング・リーディング・ライティングの4技能を1日で測ることができる試験です。また問題形式は変わらず、4技能のCSEスコアも判定されます。

4技能の試験方式

スピーキング
ヘッドセットを装着して、問題に解答します。
解答は録音方式です。

リスニング
PC画面上に出題される問題を、マウスを使用して解答します。

リーディング
リスニング同様、PC画面上に出題される問題を、
マウスを使用して解答します。

ライティング
PC画面の問題を読み、手書きorキーボードで解答します。
お申し込みの際に、手書き、キーボードのどちらかを選択できます。

英検S-CBTで受験するメリット

  1 1日で試験が終わる

従来の英検は、1次試験「リーディング」「リスニング」「ライティング」、2次試験「スピーキング」と2日間に分け行われていますが、英検S-CBTは全ての試験がPCを使用して試験が行われるため、 1日で終えることができます。

 2 試験日が豊富

英検S-CBT試験は、 原則毎週土日に実施 されているため、自身の都合に合わせて試験を受けることができます。
万が一都合が悪くなった場合、試験会場に空きがあれば 日程変更も可能 です。

 3 スピーキングテストが必ず受けられる

従来の英検は、1次試験に行われる3技能を合格しないと2次試験で受けるスピーキングテストを受けることができません。
その点、英検S-CBTは全ての技能を1日で行うため 必ず受けることになります。

 4 従来型英検と同級認定

英検S-CBTは、従来の英検とは違い試験方式が全てPCで行われますが、 問題形式や級認定などは全て一緒 です。

 5 検定期間内に同じ級を2回まで受験できる

従来型の英検は、検定期間内に同級は1回までしか受けることができません。英検S-CBTは同じ検定期間内であれば 2回まで受験することができる のでチャンスが広がります。

動画教材の導入

英検スタディでは、より効率よく英検を学んでいただくために、株式会社メイツさんがリリースしている英検アプリ「エイムアット」を導入しています。
英検S-CBTはPCで行う試験です。そのため、PC操作に馴れる必要があることが前提となってきます。タブレットやスマートフォンでも学習できますが、英検スタディでは極力みなさんにはPCを使用し授業に取り組んでもらいます。

授業の流れ

英検スタディでは、他塾とは違い1コマ120分の授業です。他塾では90分間が多いですが、より生徒さんに真剣に勉強に取り組んでほしいため長い時間を1コマに当てるようにしています。
実際に行っている週1回・月4回の授業サンプルについて記載しております。

01  単語テスト

授業時間:50分
宿題にしていた範囲から単語テストを行います。これは出題数が多いので、平均的に50分かかります。

02 英検S-CBT問題を解く

授業時間:50分
導入している英検S-CBT専門教材をやってもらいます。正答率がしっかりと出るので、テストを受けるつもりで臨んでほしいです。その日に行う項目は、事前にカリキュラムで決められています。

03 1対1のコーチング

授業時間:20分
上記で実践してもらった英検S-CBTの結果に基づいてアドバイスを行います。それに加えて、宿題・授業日程・単語テストの範囲などを打ち合わせします。


03
単語演習

授業時間:終わるまで
単語テストで間違った単語を自習室で演習します。全問正解になるまで演習は終わりません。

タイトルとURLをコピーしました